ふくろくん

コンテンツマーケティング、音楽、立ち話、そして牛乳

手紙を書くためにブログを書く

特定の個人1名に自分の文章を送るってほとんどないですよね。でも、それをやりたくなったというだけの雑記。あときのこ帝国と自分が作った曲の話です。
 
今日は仕事で嫌なことあったんですけど、そこから逃げ出すようにアドベンチャーを一緒にやってくれる人たちとおでん屋でまたーりと過ごしてました。
 
で、アレをやってみたい、自分は◯◯だ、欠けている感じが大事だとか思いつくままにお喋りしてて、すごく楽しくて、ご飯も美味しくて、気持ちも落ち着いて……
 
そして終わってみたらとても話足りなくて、なんかもっと伝えたい何かがあったはずなのに1割も話せていない気がしてしまって、こうやってブログに書き起こして具体的に何を伝えたいのか整理しています。
 
話はアドベンチャーのエントリに戻ります。
今後のアドベンチャーは、やっぱりコンテンツに関することをやりたいというのがあって、ここ1、2ヶ月は珍しくじわじわと足場を踏み固めるように準備しています。
 
一緒にやってくれる人はコンテンツ云々のプロフェッショナルではないけど、親切に親身に手伝ってくれる方で本当にありがたいお方です。ただ何を始めるにせよ、自分とその人の「好きなもの」を出来る限り共有しておきたいという謎の勢いが自分の脳内に渦巻いているのです。
 
一緒に何かをやっていくならまずはラポール形成、というのもありますが、なるべくコミュニケーションを密に取って、この文章・写真・映画・日常・人のこれが良い、この感じを出したい、こういう人たちにこうなって欲しい、これを伝えたい、ここへ行きたい、こんな人に会いたい、これを食べたい、将来こうなりたい…なんて話をとことん突き詰めてから本格的にスタートしたいのです。
 
自分にとってはこれを行うのはスピード感が足りないと感じるのもまた事実なんですが、今はこの「好き、したい」という感情を、言語・非言語を絡めたリアル対面コミュニケーションで共有を行うことが最優先だと脳内指令が出ています。
 
きっと全部が共感できるわけないし、共感できたとしても同じレベル感であるわけない中で、僅かに重なる「ふたりがこれだ!って思える何か」が自分たちに共通の軸を突き立ててくれて、そしてそれを信じて進み続けることができる筈だ、とまた妙な確信に包まれています。
 
タイトルに戻ると……
上で太字にした部分をもっと具体的にしつつ、「自分は◯◯の◯◯が好きだ!だからあなたと一緒にこのアドベンチャーをやりたい!」というマンツーマンな手紙を送りたい衝動に駆られているのが今なんです。書いててやっぱり素直にキモいと思いました。
ところでブログって開かれすぎているけど、練習帳にはぴったりな気がします。
 
アドベンチャーのために引っ越しをしようか......悩んでいます。
 

きのこ帝国『猫とアレルギー』発売!

猫とアレルギー

猫とアレルギー

 

 昨日ですけどきのこ帝国の新作出ましたね!ようやく届いて聴きながら書いてます。

 

また曲を作ったよ!

あと手前味噌だけど自分の曲も荒々しくふわふわのアンビエントぽいの作りました!
広告を非表示にする